カーバッテリーのメンテナンス

カーバッテリー容量アップ、サイズアップのメリットデメリットとは?

カーバッテリーを買い替える時に

容量をアップさせる必要があるのかないのか?

アップさせた時のメリットデメリットは?

 

カーバッテリーの容量アップのメリット

まず カーバッテリーの本来の役目を知る必要があります。

カーバッテリーの一番の役割は

エンジンを始動する事です。

 

何故かというと

エンジンさえかかってしまえば

後は発電機が電気を作りますので

 

カーバッテリー自体は

発電機の余った電気を蓄えたり

発電量が足りない時に

補助的に補う程度だからですね。

 

容量をアップするメリットは

電装品が多い

エンジンを止めた状態で

電装品を使う事が多い

 

電動ラジコンやキャンプなどで

車のバッテリーを直接使う事が有る

 

という具合に、特別な利用を

しないのであれば、容量をアップしても

それほどメリットはありません。

 

金額に対してメリットを出せるかどうか

費用対効果をよく見る必要があります。

 

 

カーバッテリーの容量アップのデメリット

カーバッテリーの価格が高くなる

サイズが合わない場合がある

フル充電に時間がかかる

重量が重くなる(軽微な事ですが燃費に影響を及ぼす可能性)

 

デメリットは主に価格になると思います。

もともとの金額が大して変わらないのであれば

大きい物の方が良いでしょう。

 

しかし、もし普通の利用方法であれば

カーバッテリーの容量をアップするより

 

カーバッテリーの劣化防止に

お金を使う方が得策です。

 

その理由

カーバッテリーの容量が大きくても小さくても

劣化する原因は同じ

 

充電不足などによるサルフェーションが主な原因になります。

 

容量を大きくすると充電に時間がかかります。

 

結果フル充電になりにくく

サルフェーションが発生しやすくなる可能性がある。

 

サルフェーションはフル充電状態では

発生しません。

 

つまり、大容量の劣化したバッテリーを使うより

メンテナンスがしっかりされている

 

純正時の容量のバッテリーを使う方が

コスパが良いという事です。

 

純正の容量でもエンジンをかける時の

一瞬の出力を得られれば十分なので

 

サルフェーションによる劣化防止に

気を付ける事が一番大切です。

 

 

サルフェーションを防ぐ方法はこちらでご紹介しています。

バッテリー

-カーバッテリーのメンテナンス

© 2020 カーバッテリー活用工房