カーバッテリーのメンテナンス

カーバッテリーの電圧測定と電圧計について

カーバッテリーの適正電圧は?

 

カーバッテリーの電圧と言われると

12Vと思う人が多いと思います。

 

しかし、実際には電圧はかなり大きく変化しています。

12Vというのはその中間位の数字だと思ってよいでしょう。

 

ほどんど空っぽ状態では10.5V位、満充電の場合は13.6V以上

になる、という具合ですね。

 

自動車に搭載されていると、

スマートキーなどに反応するための

待機電流があるので、

 

正確ではありませんが、良い状態の

カーバッテリーであれば

ケーブルを外して電気が使われていない

状態で12.5V前後だと思います。

 

 

カーバッテリーの電圧を測定する方法は

私はバッテリーをたくさん持っているので

CCAテスターを使っています。

 

普通のテスターのDCレンジの50Vで測定する事も可能です。

ですが普通のテスターだと両側を持つ必要があるので

計測が結構難しいのです。

 

CCAテスターは、カーバッテリーの電圧専用なので

端子の部分がクリップ状態になっているので

挟み込んで楽に測定できます。

 

ちなみにこんな物です。

 

クリップはこんな感じです。

上記の写真の電圧は、カーバッテリーを車から外した状態で

充電して、3日くらいたった電圧です。

 

 

健康なカーバッテリーだと

フル充電して、充電を止めてから

翌日位で、だいたいこの位の数字で安定します。

 

ただし、これも電圧のみで

カーバッテリーの健康状態までは

わかりません

 

カーバッテリーが劣化している状態だと

電圧だけ測定したのでは

あまりあてにならないのです。

 

 

カーバッテリーが劣化していても

少し充電すると

すぐに12.5V位の表示は出てしまいます。

 

健康状態の良いカーバッテリーは

充電に時間がかかるので

手動で充電すると

 

充電している時の電流と電圧で

大体わかります。

 

正確に電圧と健康状態を知るには

CCAテスターで計測するのが

一番です。

 

使っているCCAテスターはこれです。

 

 

 

カーバッテリーの電圧が低い場合

カーバッテリーの電圧が11V以下の場合

充電が足りていないか、

カーバッテリーの劣化が進んでいる可能性があります。

 

カーバッテリーの劣化が進んでいる場合は

充電するとすぐに13ボルトになるのですが

 

セルモーターを回すと

すぐに電圧が下がり

セルモーターを回す力が弱く

出力不足になります。

 

車に搭載したままだと

わかりにくいのですけどね。

 

電圧としては、充電や使用をしていない状態で

12.5V位で安定しているのが良好だと言えますが

 

車に搭載している場合は

セルモーターを回して

普通にエンジンがかかり

 

その後エンジンを切って

すぐに電圧を測って

12.5Vにもどるようなら

 

概ね良好と判断して良いと思います。

 

12V以上に戻らない場合は

充電不足かカーバッテリーの劣化

が考えられます。

 

カーバッテリーの電圧は

その時の状態で変化するので

 

これが正解という電圧はありませんが

負荷をかけた後に12V以上に

戻るかどうかで

 

判断しましょう。

 

 
バッテリー

 

 

-カーバッテリーのメンテナンス

© 2020 カーバッテリー活用工房