カーバッテリーアウトドア

カーバッテリーのアウトドアでの使い道とは?

カーバッテリーを車だけでなく、

キャンプなどのアウトドアで

利用する方法のご紹介です。

 

カーバッテリーをアウトドアで活用するには

カーバッテリーは大電流が流せるため

乾電池などと違って

利用価値が多くあります。

 

特にアウトドアでは照明や扇風機

スマホの充電やDVDプレイヤーなど

 

電気を引けないキャンプ場や

その他電源の無いキャンプ地で

使えると便利だと思います。

 

 

 

カーバッテリーをアウトドアで活用するのに必要な物

1、カーバッテリー

容量によって電気を使える量が変わります。

大きなものは重量が重たく移動が大変なので

あまり重くない物をおすすめします。

 

手軽に移動できるサイズとしては

40B19サイズがあまり重くないので

手軽に使えると思います。

 

充電容量が38A位なので

実際に使える容量としては

 

カーバッテリーの寿命を考慮して

半分の19A位でしょうか

 

19Aというと100V換算で228Whとなります。

 

簡単に言うと、228Wの電力を1時間使えるという計算です

照明などなら結構長時間使えると思います。

 

 

 

2、DC-ACインバーターのワニ口クリップ付の物

12VをAC100Vに変換する機器です。

 

取り出せる電力が150W位から1000W位まであります。

使用したい電化製品によって

必要な容量が変わってきます。

 

おおよそ以下のような感じになります。

スマホやタブレットの充電

DVDプレイヤー

ライト

小さい扇風機

持ち運び用小型冷蔵庫

150Wから300W

 

 

 

ホットプレート

タコ焼き機

電子レンジ

電気ストーブ

1000W以上

こちらは、バッテリーの容量が大きい物でないと

長時間の利用は難しいでしょう。

最低でも50Ah以上のバッテリーが

必要だと思います。

 

どうしても使いたい場合は

大きなバッテリーを使ってください。

 

 

カーバッテリーの補充電に必要な物

カーバッテリーは使用後できるだけ早く

充電したほうが寿命が延びますので

 

キャンプ場での充電では

ソーラーパネルをお勧めします。

持ち運びも考えると50W位が良いでしょう。

実際の発電量は直射日光で40W程度なので

3Ah程度の充電が可能になります。

 

5時間位の充電で

15A充電できますので

40B19のカーバッテリーを

半分程度充電可能という計算になります。

 

この位の出力なら

コントローラーを入れずに

直接カーバッテリーに繋いで

充電しても大丈夫でしょう。

 

 

古いカーバッテリーなどでも

照明やスマホの充電など

大電力を使わない物であれば

まだまだ使えると思いますので

有効活用しましょう。

 

 

-カーバッテリーアウトドア

© 2020 カーバッテリー活用工房